身体の内側からほんのりバラの香りがするようになると
噂の薔薇の滴。

体臭が変わるなんてどんな成分が入っているのか
とても気になるところだ。
良い香りになっても身体に悪いものは摂りたくない。

調べてみると

・天然ローズオイル
・ビタミンE
・グレープシードオイル

とある。
身体に悪いものは入ってなさそうだ。

ローズオイルを飲むとなぜ内側から香るようになるのか?
飲んだものの香りがするというのは少し不思議だ。

さらに調べてみると
口から摂取したローズオイルは消化器から吸収され
血液に乗って全身にめぐる。

そしてまず肺から呼吸によって香ってくる。
口臭対策に特に良いのはこのためだ。

さらに飲み続けると、汗などの分泌物に交じって
全身からほのかな良い香りがするようになるのだ。

秘密がわかると納得いく。

薔薇の滴の成分であるローズオイルは
中でも特に香りがよいとされる最上級のダマスクローズが
使用されている。

その貴重なオイルが1日分で10mgも入っているから
効果が出やすいのだろう。